恥ずかしくなんかない包茎

男性の性器の部分はとても汚れがたまりやすくなっています。包茎の種類によって違う治療法を教えします。従って入浴したときには小さな頃からしっかりと洗うと言うことを教えなければいけません。ここに細菌が繁殖した場合には痛みを伴ったり、さまざまな病気の原因につながってしまいます。また男性の性器に関しては真性包茎というものがあります。これはいろいろな性病のもとになるとされておりとても怖い状態です。従ってこの状態になっている場合には、早く治療した方がいいとされています。ではどのような状態なのかというと、男性の性器の先に皮がかぶっているのです。性器の胴の先を少しつまんで体の方によせたときに、先の部分がめくれて亀頭が顔を出したら仮性包茎で、むけなければ真性包茎とされています。生まれてすぐの赤ちゃんはほとんどこの状態になっています。大きくなるに従って性器も成長するので、3歳頃には90%の子供がむけるようになると言われています。従って母親ないし父親は、3歳か4歳の頃には一度性器がどのような状態になっているのか確認をすることが大切です。少しでも亀頭が見えていれば安心してもよいでしょう。日本人の中にには仮性の人が多いとされています。手術を急いでおこなう必要はありません。17歳頃までには99%がむけるとされています。仮性の状態で気をつけなければいけないことは、皮の部分と亀頭の中にたまった汚れを、週に一度お風呂の中でむけるところまで優しくむいて、お湯で洗うと言うことです。このときに石鹸は使わないようにします。石鹸が隙間に残ってこれが原因で包皮炎になる可能性があるからです。包茎になったら男性の性器として機能しないのではと心配になる人もいますが、そのようなことはありません。この状態で気をつけなければいけないことは、尿路感染症を起こしやすかったり陰茎癌になりやすかったりという可能性があります。この他に性感染症になりやすいとも言われています。従って真性包茎の場合には手術をして治療をする必要があります。このときの手術の時間は状態や医師の判断によって変わってきますが、小さい場合には全身麻酔が必要になります。ただあまり体が小さいときには手術はしないようにします。4歳くらいまでは様子を見るようにします。手術はどのような方法かというと、冠状切開が一般的となっています。余分な皮の部分を引っ張って、輪のように切っていく方法です。手術が必要かどうかは泌尿器科の医師と相談するようにします。

MENU

恥ずかしくなんかない包茎